• トップ /
  • 賃貸の負担の少なさとは

賃貸と購入の違い

家探しではサイトを利用

賃貸を利用するメリット

住まいを選ぶ際には、賃貸と購入の2通りの選択肢があります。単身者であれば大抵部屋を借りるものですが、家族で住む住居となると、住まいを買うという人も多いです。部屋を借りるメリットは、住宅ローンを組むことがないことと、必要に応じて引越しが可能ということです。不景気は続いていて、自分の勤めている会社が倒産したり、リストラに遭ったりなど住宅ローンは重荷になることがあります。また、異動などで引越しがしたい場合でも賃貸であれば、引越しが可能です。

賃貸は必要な期間だけ利用できる

賃貸は、アパートやマンションを購入せずに毎月家賃を支払って利用することです。マンションの場合は、建てた業者が賃貸タイプで最初から用意している場合もあります。中には、購入した人が自分が住まない期間だけ貸し出すこともあります。購入者が住まない期間を利用した貸し出しは、一軒家でも利用されている方法です。借りる側も必要な期間だけ利用できるので、転勤を控えている場合などに便利です。子供の成長に合わせて、異なる間取りのマンションに移り住んでいくこともできます。

↑PAGE TOP